2010年05月25日

ドラッグラグ問題解決に向けて

日本の薬に対する承認はけっこう遅いですよね。

日本製薬工業協会によれば外国で新薬が発売されてから、
日本国内での使用ができるようになるまでに平均で4.7年かかるそうです。
これはアメリカなどが1・2年程度なのに対し約4倍の期間が必要だ
という事になります。

やっと<a href="http://www.nurse-branding.jp/job_result.php?ken=12">千葉 看護師 求人</a>だと仕事がみつかりました。

ここから承認薬が増えるまでに時間がかかってしまっては、
意味がありません。
かといって副作用の怖さも十分に調べないといけないわけで、
慎重かつ迅速な対応が製薬会社に求められています。

厚生労働省が今年の2月に患者らの切実な願いを受け入れる形で、
製薬会社へ未承認薬などの109品目について国内販売に向けた
準備に入るように要請することが分かっていますが、
患者らの要請を受け入れる形での対応にしては迅速な対応で、
訴えた患者の人たちも「ありがたい」と話しているそうです。


健康は日々の運動から。<a href="http://www.u-syaken.co.jp/earobike/blog/">エアロバイク解体新書</a>もいいでしょう。


「ドラッグ・ラグ」解消へ 国、異例の大量開発要請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000047-san-soci

特にがんや難病などの患者数が少ない疾患に対する治療薬は、
予想販売量や治験に参加することができる日本人患者が少ない為、
国内で開発するのに時間がかかっていた事も背景にあるようです。

しかし少人数とはいえ命の期限を切られてしまった患者にとって、
新しい治療薬の使用がもっとスムーズに行えるようになれば、
生きる望みがつなげる事もある為、切実な問題なのです。

毎日のエクササイズは<a href="http://yaplog.jp/earobaiku_diet/">エアロバイクでダイエット!日々の努力とその効果を赤裸々に報告</a>しましょう。


この問題が解決してより高度でよい治療が受けれることを望みます。
posted by b16dayo at 14:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。