2010年09月10日

王子動物園のパンダ亡くなる、中国に4千万円以上の支払い発生!

残念なニュースですね。

取り決めでは、自然死ではない場合、市が中国側に
50万ドル(およそ4,150万円)を支払わなければならないとか。
死んでしまったのにそんな高額を取るなんて・・・
中国人って商売っ気がすごいですよね、
自分で中国に行って感じたことですが。

来年は<a href="http://mendoukiraida.seesaa.net/">めんどくさいことが嫌いです</a>のでいきません。

神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で飼育中の雄の
ジャイアントパンダ「興興(コウコウ)」(14歳)が
9日死んでしまったそうです。
同園によると、雌の「旦旦(タンタン)」(14歳)に
発情の兆候がみられたため、午前9時過ぎにコウコウに
麻酔をかけて人工授精のための精子を採取する作業を
始めた後、麻酔から覚める途中で心肺停止状態になり、
正午に死亡が確認されたとのことです。

死因は不明で、借り受けている中国と共同で死因を調べるとか。
同園によると、コウコウにはこれまでに約30回、
麻酔をかけて精子を採取する作業を行ったが、
体調が悪化したことはなかったとのこと。
この暑さでやられてしまったのでしょうか?

<a href="http://blog.livedoor.jp/b09dayo/">FXで天国と地獄</a>をがんばろ!

<パンダ>「興興」死ぬ 人工授精で麻酔 神戸・王子動物園
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100909-00000099-mai-soci

パンダが人工授精ですか・・・今回のケースだと、
♀のタンタンちゃんは発情したけど♂のコウコウちゃんには
その気がなかった、ということでしょうかね、
自然に妊娠に至らないと言うことは。
動物もえり好みするんですよね〜、ライオンなんかも
♂はタテガミが立派なのがモテるらしいですし。

参考ですが:<a href="http://00000000b06.jugem.jp">外国為替証拠金は恐ろしい</a>

しかし、ありえないですよね。中国のパンダレンタル事業。
日本も日本ザルとかで交換レンタルしたらいいのに。
posted by b16dayo at 16:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。