2011年09月01日

女性専用車両ってどう

じゃ、男性専用車両作れば。

いっそのこと、車両で男女分けてしまえばいいと思うのですが、
そう簡単にはいかないのでしょうね、男女の比率もありますし。
共有車両がギュウギュウ詰めなのに女性専用車が
ガラガラだと、男性も腹立たしい気持ちになることでしょうね
特に仕事で疲れてへとへとだったりすると。
わたしが男性だったら、男性専用車もくれ、
と思うことでしょう。

男性の賛成派の理由は「えん罪防止に役立つから」で、
 「反対」の理由としては、「同じ料金を払っているのに
女性だけが優遇されるのはおかしい」
「女性だけがゆったり座って不公平」といった
男性側の不満があるとのこと。

本来なら、<a href="http://blog.livedoor.jp/b30dayo/">FX為替差益三昧</a>がいいかと。

女性専用車自体、わたしは賛成でも反対でもないですが、
今のままだと、どちらかといえば反対かなー。
どうしても不公平感が拭えません。
痴漢冤罪の被害に遭う男性のことも、
慮るべきではないでしょうか。

<a href="http://www.hiji-beppu-web.jp/">別府ではホームページ作成</a>がいいですね。

女性専用車両に「反対」 男性の2割に
http://news.livedoor.com/article/detail/5819189/

東京23区内で働くビジネスパーソン1000人を
対象にしたアンケートによると、
鉄道各線における「女性専用車」の設置について
「賛成」と答えた人は58.0%で、男性では
「賛成」が50.2%と半数程度だったようです。
なお、「反対」とした人は、男性では21.1%、
女性では4.4%で、「どちらでもいい」とした人は
男女とも3割弱いたとか。

参考程度に<a href="http://blog.livedoor.jp/adb01c/">加藤ローサ画像・壁紙ブログ</a>どうぞ。

どうもこうもね。
posted by b16dayo at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。